・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2009.10.04 Sunday:『教授の腕時計と桂離宮』
今日は、新発田の大栄町でのオープンハウス。
商店街の一角に建てた住いの見学会。
そこは、間口が狭く、奥行きの長い敷地を持つ。
南向きだから、日当りは不利になるが
設計(アイデア)で、予想以上の採光は確保。

さて、会場では『建築セミナー』、
『エコプレミアムフォトコンテスト表彰式』、
『超長期住宅セミナー』の三本も併催された。
これを仕切るのが、弊社のスパースター『川村教授』になる。
彼が仕切る穏やかのその催しは、
参加者全ての笑みのオマケも付いて来る。

そうそう、私が解説する『建築セミナー』では、
『ブラウン・シュガー』、『掘割トランスファー』、
そして『西の月波楼』をご紹介。
それぞれは、スライドショーと模型を駆使した楽しいセミナー。
川村教授が用意してくれた、それぞれの資料は
綺麗に整えられているし、模型もスタイリッシュにできていた。

そう、なかなかの『やり手』の川村教授なのです。
渋い時計をはめている、わか〜い教授なのです。

ところで、『西の月波楼』の由来は、
『桂離宮』の月見台からインスパイアされたもの。
宮様の別荘、山荘意味を持つ『桂離宮』から頂戴したもの。
現代においても、その建ち姿は『モダニズム』の境地。

当時、『桂離宮』を鑑賞した、ドイツの建築家、ブルーノ・タウトは
『アクロポリス同様に、泣きたくなるほどの美しさッ!』は有名な逸話。

ゲストで参加の『つくり手の会』メンバーの
『キリガヤ』さんhttp://www.kirigaya.jp/と、『重量木骨の家』で著名な
中川営業部長さんも、弊社の見学会を楽しまれていたご様子に一安心。

建築熱中集団!!松岡グループ
http://www.matsuoka-archi.com
Posted 09:30|No.1331|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2009.10.04 Sunday:ホロニックカンパニーさん
10月2日、3日と二日間にわたり、新潟県の
ホロニックカンパニー 松岡工務店さんに行って
参りました。

松岡工務店さんは私共と一緒のつくり手の会員
ですが、新潟県でとても頑張っておられる
デザイン的にも素晴らしいテイストをもたれている
工務店さんです。

現場見学会の展開の方法をしっかり確立されており
地域に密着されている手法がユニークであると
聞いておりましたので、是非に勉強したいとの
思いから行ってまいりました。

NCNの営業統括部長さんにも同行して頂きました。

初日は松岡さんのmスタジオで弊社の
アフターメンテナンスのやり方を討議・研修して頂き、
その後に松岡さんの展示会運営方法を教えて
頂きました。

その中身は年間の展示会のスケジュールを決めるところから
始まり、展示会現場の近場の商店街との上手な
コラボレーションのやり方、飾りつけ、来場されたお客様
に対するアテンドなどの流れなどが詳細に企画された
大変素晴らしいものでした。

研修会の中身に大変ショックを受けながら
次の日の見学会を見させて頂いた訳ですが、
説明を頂いたとおり見事な運営方法でした。

勉強させて頂くことばかりでしたが、新潟県まで
行った甲斐が十分にあったと思われる
久々の中身の濃い出張でした。



Posted 20:16|No.1332|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2009 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)