・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.09.11 Thursday:スイフヨウ
スイフヨウ(酔芙蓉)フヨウの園芸品種で
朝に白い花を咲かせ、午後になると
だんだんとピンクに変り、夕方から
夜にかけてさらに赤くなり、翌朝には
しぼんでしまいます。

この様を、さけ飲みの顔が段々赤くなってくる
ことにたとえて『酔う芙蓉』と言うことから
付けられた名前のようです。

本当にそのような感じがしますね。

面白い花であると同時に「ピッタリ」の
名前です。

私が見かけたのは朝早くですから
酔った芙蓉と、酔う前のしらふの芙蓉
が混在していました。

八重咲きで綺麗でした。

Posted 13:04|No.883|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.09.11 Thursday:タケノコ
我が家のセンターコートのタイサンチク
に今年のタケノコが出てきました。
ただ少し異変が起きているようです。

昨年生まれた後約4.5m程度まで伸び
本年約8mまで伸長した後、最上部より
枝葉が出て順番に下に向かって束生し
てくれていたのですが、頂部より3m程
度で枝葉の束生が止まってしまった。

盆明けより様子を見ていたのですが、そのままの状態であったので、根じめの砂利を少し取り除いてみたら、そのタケの茎より両側にまるで十字懸垂のように出てきています。

本来であれば、気持ち離れた場所よりタケノコが顔をだしたら旧い茎を切ってやると新しいタケノコが伸びてゆくというサイクルの筈ですが、どうして?と庭師さんに聞くと住人がアブノーマルな人間だからタイサンチクも、変わった竹になったのではないか...との事。

確かに少し頭の構造に問題があることは認めますが (苦笑)....

二年のサイクルで、2〜3本づつ生え替わらす予定であったのにまた一年余分に掛かりそうです。

結局、そのままにして様子を見たらと庭師さんは言ってくれましたが、
台風13号のルートがまだはっきりと予想できませんが上陸されると間違いなく屋根より1.6m突き出た竹製ポールが屋根を鞭打ちする恐れがあるので、下部より4.5mで茎を切断致しました。最下部で切ってしまうと、タケノコがご臨終になるような気がしたので...

まだ少し実験は続きそうです。

出来れば台風は来て欲しくないですが、早明浦ダム周辺は現在の処降水の予定は無いようなのでそちらも心配です。

起こった事に、モアベターな対応をする事しかなさそうです。
Posted 16:59|No.884|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2008 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)