・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.10.21 Tuesday:クラッシクカーラリー
先週の土曜日、日曜日は
和歌山のマリーナシティに行っていました。

これは、毎年参加している‘エッセレ・バンビーノ‘という
クラッシクカーのラリーです。

1920年代から1970年までのクラッシクカーが60台集まって
ラリー形式でいろんなところを回ります。

そして、途中、地元の子供たちを乗せて、

‘パン食い競争‘をしたり
写真を撮ったり、

地元の子供とのふれあいを大切にしているイベントです。

このイベントの趣旨は

1、『いつまでも子供の心でいたい』
2、『アナログ回帰をはじめよう』
3、物を大切にしよう

というメッセージがこめられています。

日本の家が30年しかもたないのに

車でさえ、大事に手入れすれば
70年以上のものでも

立派にラリーに参加して
300km以上走行できるのです。

いいものをつくって、長持ちさせる

家も同じですね。

「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」   http://www.atm-home.co.jp

(写真は参加車の一部です。)
Posted 11:10|No.955|笹川晋也よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.21 Tuesday:朝一番うれしいこと
朝の散歩で一番うれしい事と言いますと
何と言ってもその日の天気です。

朝起きてさあ行こうと思っている際
空がどんよりしていたり、小雨がぱらつきますと
何となくやる気がなくなり、一日が損をしたような
気持ちになります。

ところが朝早くから太陽が顔を出してくれますと
何かとても得したような気分になり、
その日一日が爽快になります。

太陽の存在はありがたいことです
やはり自然は素晴らしいですね。

「これって当たり前でしょうけれど
改めて思います」

太陽に感謝!!

Posted 11:51|No.956|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.21 Tuesday:他流試合とシステム化
F邸、K邸の現場チェックの日取りを決めた。また、Т邸200年住宅最終許可を頂戴できたから再度、現場に出向く。先ほど、その日程について担当者との調整が整った。ほか、H邸は大工工事が追い込み段階。
М邸は仕上げの最終段階。さて、昨日から福島と栃木での研修に参加した。車での移動距離は片道300キロ。

内容としては、会社のシステム化に関する講義と
自動車産業の現在と、操縦実技に参加してきた。
システム化については、会社組織のヒエラルキーについてと
各部門が融合しながら収益を進める『システム化』が本題。


また、心理学をベースにしたコーチングや
スタッフの心理的ケアなどについての講義。
講義内容としては特に、システム化への誘導が秀逸。
これで三度目だが、何度聞いても発見がある。
次回は十二月の末になる。雪模様での移動が心配だ。


自動車産業の講義では、エコ社会真っ只中での
欧州での取り組みレポート。
上級研究員のU氏レポート報告に興味が湧いた。

加えて、その土地ではエコとパワーとが
混在した需要状況らしい。これも二極化か??
それと、昨今の景気の話は目論見済みらしく
欧州自動車メーカーは、景気の話を乗り越えたところで
未来を見据えているようだ。


私は、ついつい社会情勢に反応しがちだが
そのように、
広い視野や積極性をもった事業展開をすべきようだ。


15名の受講者のなかで、長身のS氏と知り合いになれた。
彼は現在、サンディエゴで仕事をしているが
今回の講義に参加するために一時帰国されているらしい。
彼とは初めてだが、
今講義内でのテストでは同じような成績のためか
とても親しくなれた。
そんな新しい価値観とも親しくなれた。

だから他流試合はやめられない・・・・。

建築熱中集団!!松岡グループ
http://www.matsuoka-archi.com
Posted 23:03|No.957|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2008 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)