・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2008.10.17 Friday:構造見学会へ行こう!
 構造見学会とは、その名の通り、

建てる家の構造を見学するイベント名称です(そのまんま(苦笑)ですが)。

 一般的には、外の仕上げ工事前で、内部は、内部のボードを張る前に

する場合が多いです。その際、断熱材を見れる事もありますし、その工事前の

時もあります。皆さん、工事業者さんの工事の工程に合わせて開催します。

 明日は、弊社でも、構造見学会が有ります。

ほぼ毎月イベントを開催していますので、お客様に家づくりに対しての姿勢を

ご覧頂く事が出来ます。

 依頼先を決める一つの目安として、イベントを頻繁にしている会社、

特に、構造見学会や建てている途中を見せてくれる会社は信頼が有ると言っていいと思います。

 完成見学会は、有る意味、本当に大切な構造や断熱、屋根裏、床下などは、

なかなか見る事が出来ません。

 人でも一緒です。下着や見えないところにおしゃれをしている人は本当の意味でおしゃれな人。

外見だけ出なく、見えないない心や内面を磨いている人は、本当の意味で魅力のある人

だと思います。

 人間も家も一緒です。手掛けるのは人であり、心です。

 そのつくる過程を知らずとして、外見だけで判断しては大変なことになります。

 建築基準法は、最低ラインの住まいや建築の基準でしかありません。

 (まさに建築基準(苦笑))

 基準法ぎりぎりのラインで建てられた住まいがどれだけ耐震性に優れているのか?

性能が優れているのか?しっかり施工されているのか?疑問が残ります・・・。

 そう言った意味で住宅の品質確保の促進に関する法律も制定されましたが、

皆様ご存知の通り、それらが義務にもかかわらず守らない業者があとをたたないため、

来年、瑕疵担保履行法が施行されるに至っています。

 オールアバウトプロファイルのQ&Aでも、

多くの方がその事に関して疑問を持たれていることが

良く分かります。 http://profile.allabout.co.jp/ask/1/1
 
 瑕疵担保履行法は、目に見えなくなる、構造体(主要構造部)、

雨漏れ(雨水の浸入)について、

10年の瑕疵担保責任を建てる側に履行させる法律です。

 裏を返せば、構造体、雨漏れに対して、瑕疵がどれほど多いのかという事になります。 

 だからこそ、展示場やモデルハウスに足を運ぶ事も必要ですが、

それ以上に、構造見学会に足を運んだり工事途中を見る必要があります。

 ぜひ、皆さん!構造見学会を開催している現場に足を運んでください!

あなたの目で、その会社が、見えない部分まで手を抜かず、愛(苦笑)を持って

家づくりに取り組んでいるか、すぐに分かります。

 どこで建てたらいいか?分からない?

そう思ったら、構造見学会です。

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜

 http://hac.meblog.biz/
 
 専門家を探せる、相談出来る。オールアバウトプロファイル!

 http://profile.allabout.co.jp/pf/hamada/
Posted 09:19|No.949|浜田肇一よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2008.10.17 Friday:14日の火曜日、、、、、。
最近、時間がたつのが早くって、
どんどん、ブログが遅れていきます。

さて、火曜日は大阪へ行きました。

っと、その前に、奈良市駅前の正木不動産の‘O‘さんが
突然訪ねてきて

『笹川さん、相談があるんですがいいですか?』

『はい、いいですよ、何ですか?』と

『実は、不動産で独立を考えているのですが、、』、とのこと。


2時間近くお話しました。

そして、

大阪へ向かいました。

今回は、住宅の瑕疵担保履行法の具体的な保険の取り扱いについて
SE構法のNCNから勉強会のご案内でした。

すでにSE構法『重量木骨の家』では
4年も前から

『重量木骨の家』保証保険を行っていて
充分な内容を行っていましたので、

今回、法制化によって保険加入が強制されても
なんの、不便もありません。

しかも、保険加入が強制されたことによって
新築住宅が全棟加入しなければならなくなったので

当社の保険料が今までより、安くなりました。

『すごいことです。』

他の工務店、建売会社などは
もちろん今回の法制化は

『コストアップ』になってしまうのですが、

当社は、逆に『コストダウン』になったわけです。

すごいでしょ、SE構法『重量木骨の家』

しかも、今回すごい発表がありました。

それは、国土交通省認可瑕疵保険会社のひとつである
『ハウスプラス株式会社』の保険適用に関して

SE構法『重量木骨の家』はなんと

『認定品質住宅』の第一号を取得!!!

これはすごいことです。

認定住宅になると更に
保険料が安くなるのです。

SE構法『重量木骨の家』が今まで行ってきた
安心・安全・施工の的確さが認められたのです。

やはり、‘法律‘が後からついてきてるのです。

法律制定前から
全棟構造計算、瑕疵保証保険、第3者検査を行ってきた
実績が認められました。


詳細は、見学会で、お話いたします。

「強くて暖かい大空間のお値打ち住宅」   http://www.atm-home.co.jp

写真は、
福田工務店・福田社長
田鎖NCN社長

浜田建設・浜田専務
です。(関西つくり手の会のメンバー)
Posted 17:46|No.950|笹川晋也よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2008 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)