・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.07 Friday:『串団子とエスキス』

久々に五時に起床し、新聞を軽く読む。
そして、事務所に向かう。
しかし、肝心の鍵を忘れたから、
自宅に戻り出なおす。




事務所はセコムが整えてあるから、午前六時前の場合は。
セコムに連絡をして施錠を外す。
そして、静かな朝を満喫する。

『元旦を制す者は、一年を制す』『朝を制す者は、一日を制す』
そう、私の一番好きな時間の過ごし方かもしれない。

午前七時半までは、誰も来ないから大好きなエスキスに集中する。
暖かなコーヒーをすすりながら、至福の時間を過ごす。

業務開始後、朝早くから、
この度のオープンハウス参加の問い合わせあり。
企画営業責任者の笹川常務が対応する。

明日と明後日のオープンハウス参加者から、
かなりの数の予約が入る。
企画した、笹川常務の能力なのだと思うし、
それを支える小林マネージャー、
石塚室長のチームワークの成果とも思われる。

夕刻の工務部門会議まで、T邸、K邸、SS邸のエスキスを進める。
しかし、要求条件をすべて満足する案にはなかなか辿り着かない。
むしろいくつかの矛盾する案の間で右往左往している感じである。

夕刻から、工務部門会議に参加、
二十代前半の若いチームから元気をいただく。
問題点としては、各部の納まりに対する理解と納得。

そこを経ないと造作材の発注が出来ない。
経験者にとっては簡単なことだが、彼ら若者にとっては一大事!
黙って見守ることにする。
『停滞は後退』なのだから、一歩でも前進して欲しいものだ。

夕食は、女房が作る、可愛い『ステーキ』をいただく。
自宅でくつろいでいると、
笹川常務から『МS邸見積もり報告』の電話がある。

しかし、私の指示がまずかったようで、
指示通りの見積もり計算結の果が出ない。
私の指示の仕方に課題があったようだ。

急遽、事務所に戻り彼らに詫びを入れる。
本当に申し訳ないことをした。『ごめんなさい』

Posted 23:48|No.244|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)