・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.09.11 Tuesday:『リコーCAPLIO GX100』
早朝から、いくつかのプランが気になり、
昨晩から寝付けないでいた。
魚料理中心の贅沢な朝食を
女房が用意してくれたものを平らげ、
事務所に向かう。
出勤途中、田んぼにコンバインを撮影。
稲刈り時期、真っ盛り!


そういえば、新潟も来年六月からゴミ処理が有料化する。
処理する人も、パッケージする人も固定観念を
破壊しないといけないようだ。

一つめのエスキス協議は、M邸、二つ目はO邸、
三つ目はS邸をスタディする。

夕方、苦情のお宅(三条)に向かい、状況を確認してきた。
確かに、床のワックス掛けがよくないようだ。
ワックスの掛け方にムラがあり、光の当たり方で、美しくない。

その他問い合わせは、自然現象での『苦情』だから、
次の状況で対策を講ずるつもり。
建築は、自然現象までも把握して設計しないといけない。
住宅以外では、苦情にならないものでも、
その人の一部となる『住宅』の場合は、そう簡単にはいかない。

そんなことを思っていたら、昔読んだ一文を思い出す。

『世の中には面白くて価値のないものが溢れています。
建築関係の雑誌を眺めてみるとそういうものが多すぎる。
若い世代の建築家のつくるものに、
面白ければいいじゃないかという傾向がある。
学生の課題を見ても、コンペの審査に立ち会っても、
何か建築家は面白いことをやらなくてはいけないという
状況になっていることに、僕は危機感を抱いています。
形の面白さを競うような話はもう古いのではないか。
小さなアイデアをちょこっと出して、
そんなに喝采を浴びたいのか、
そんなことが一生をかけてやる仕事の根底にあっていいのかと
僕は言いたいのです。』

内藤廣著/私の建築手法
「空間から時間ヘ―時・時間・時代への眼差し」より

建築、特に、住宅は難しい。
賢者は言いました、
『住宅に始まり、住宅に終わる』
学生時代に『ソランジタ』名言・・・・・。

その足で、例の『カメラ』を求めるために『カメラのキタムラ』に行く。
面白いカメラを手に入れた。
かなり面白いカメラ、
なんだか若い時に逆戻りしたようなわくわくする感情になる。




Posted 23:45|No.250|清水康弘よりcomments(3)
普段持ち歩きたいので、コンパクトデジカメが良い。
住宅の内観写真も撮りたいので、広角レンズ搭載のモデルが欲しい。
そうすると、限られてくるんですよねぇ。
つくり手の会で、私も含め何人か使っている
kodak EasyShare(既に生産中止) か リコーCAPLIO あたりに落ち着くんですよね。
このカメラ、実は私もちょっと気になっていたりします。
使ってみたら、是非感想教えてください。
渡辺社長、ワイドコンバージョンレンズ買われました?
by 渡辺泰敏 09/12(10:59) 削除
パソコン関連にかなり詳しい、私の友人もつい最近同じ「CAPLIO GX100」を買ったそうです。
以下、彼の説明です。

「コンパクトデジカメの中では写真愛好家仕様。一眼には負ける。でも広角性能は確かにすごい。接写性能も高い。広角はすごいがズームは弱い。
風景・室内・集合写真はこっちを使い、花などズームが必要なものは深度が深すぎてうまくとれないけど今までのEXILIMを使う。」

むむ・・・なんだか、私もほしくなってきました。
by 事務局 武田 09/12(13:07) 削除
静岡 渡邉社長へ。ワイドコンバーションレンズ、注文しました。まだと届いていません。以前に使っていたコダックより、操作が少し難しいように感じます。だけど、癖のありそうなカメラだから、使いこなすと・・・・、結構、いけるかも??
by 株式会社松岡建築設計事務所 渡邉松男 09/12(22:49) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)