・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.10.20 Saturday:排煙窓の処理
内部はプランレイアウトのチェックと使用部材の指定があるだけだった。
車輌展示スペースは、高天井としてその他の部分は低い天井したが、
あの悩ましい排煙窓をどう処理するかが問題であった。
低天井部分の先端は2つの決められたアールが交差して先端にメープル材のルーバーの取付が義務づけられているのとインフォメーションカウンターの上部は、一段下がった円形天井とすることが条件であった。
そこで低天井部分を立ち上がり壁より突き出させて一番奥の天井をスリットに切って照明Boxと空調のリターン口とし天井裏全体を空調のチャンバーBoxとして前面のルーバーより吹き出す事にした。
突き出した低天井によって高天井が取り付く奥の壁が暗くなるので上部に天井ルーバーを設けて屋根部分に壁を立ち上げ上部全体を
トップライトとした。昼間はトップライトからの光がルーバーによって柔らかく落ちることと、夜間は内部に連続したシームレスラインの照明が温かな色温度で照らします。排煙窓はこの立ち上がり部分に設けたことで内部からも外部からも見えなくすることが出来ました。
Posted 10:59|No.324|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)