・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.10.18 Thursday:あけび
秋になりますと色々な果物などが採れます。

梨、柿、りんご、みかん等は秋物ですが八百屋さん、スーパーでも年中売られていますので季節感がそれほど感じません。

先日リフォームをこれからしようと打ち合わせておりますお客様から珍しい物を戴きました『あけび』でした。

写真のように少し色がきついのですが何ともおいしそうな実がたわわになっていました、こちらでもこのような物は珍しいのです。

早速事務所のテーブルに飾って季節を楽しんでいます。

実はとても甘いので後で食べてみたいと思っています。

Posted 18:48|No.322|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.18 Thursday:ドイツ人の厳格さ
Audiのディーラーです。非常に厳格なるCI・CDマニュアルによって基本計画を進めて行かなければならないのだが、重要な部分は、日本のデザインコンサルタントを介してドイツのチーフデザイナーのOKをもらわなければ事が前に進まない。台風銀座であり、車寄せ等があった方がよいのではと主張したがNGの連発となってしまいました。ずいぶん米国人とは違うなと思った。(当たり前か)
外壁材は、アルミ横溝材ということになっています。ディティールは自由に決めさせてもらった。凹凸のある材を使用するときは、コーキングが表に出てしまうと非常に醜いものになるので、大抵、一度不燃版で水仕舞を完了させて、化粧材としてアルミスパンドレールを張っています。
見え掛かり上は、笠木はアルミFBの6ミリだけが見え、出隅はSUSのL型鋼を入隅型に使用し、ジョイント部は、SUSのチャンネル鋼を底目地的に使用して全てオープンジョイントと見えることを意図しています。
サインの大きさも大中小とあって建物の大きさに合わせて使用できると思うのですが、メーカーはサインは大きくと言います。(認知という点では気持ちは解る)ただ、バランス的にはネームプレートとパイロンサインはカブンス状態(洗練されたモダンデザインのAudiでも建物サインは別)

救いは、レセプションの時に当時のメーカーの社長が到着した時にすぐ
パーフェクト・ファインと言ってくれたときは嬉しかったです。

最近、別の場所で、もしかするとご依頼があるかもしれません。

Posted 19:10|No.323|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)