・・・14人の住宅作家と建築屋が本音で語る家づくり・・・
 
▼ 2007.10.13 Saturday:匠の技
本勝手4帖半切りの茶室の天井の平天井の部分を中央に楕円の孔を開けて和紙貼りとしたのだが、貼って頂ける表具師がなかなかいなかったのですが、高知県にいらっしゃいました。土佐和紙の柿渋紙で、素晴らしい仕事をして頂けました。また、写真正面の下地窓下部の壁腰張り部分は、阿波本藍染紙を貼ってもらっています。もちろんこの紙も障子貼り、茶道口の奉書紙張りもこの方にお願いしました。出来る方の仕事は、納まりが非常に美しい。我々つくり手は、職人さんがいらっしゃらなければ仕事が出来ません。今後共どうぞよろしくお願いします。

Posted 11:07|No.315|清水康弘よりcomments(1)
素晴らしいお茶室ですね。こんな素敵なお茶室でお茶を点てたら、どんなに美味しく頂けるだろう・・・と、思わず想像(妄想?)してしまいました。
「阿波本藍染紙」にも興味津々です。
戸田社長様、本当にいつも素敵なお家をつくっていらっしゃいますね。
by 事務局 武田 10/14(17:02) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.13 Saturday:庭師のアート作品
内科医院の本棟と車庫棟の間の奥のスペースで、庭師さんは、此処は、池を創りましょうと現場に初めて来られたときに言っていたのですが、どんなものが出来るのかと楽しみにしていたら、やってくれました。
この小さなスペースが非常に楽しい場所になりました。
底は砂利の洗い出しで、一枚の自立する石から吐水口が出て同材のくりぬいた石の水盤で受けてそこから水が溢れて、池に落ちる仕組みで、何処にでもあるような仕組みですが、その形状・素材感・大きさのバランスが実に素晴らしい。一枚石の背面に循環ポンプや配管等が上手に隠されていますし、左手奥の柱石の存在も見事です。
カメラを持っていなかった為、携帯で夜撮影したのでボケていて申し訳ないのですが、作品は素晴らしいです。
Posted 11:26|No.316|清水康弘よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
▼ 2007.10.13 Saturday: きんもくせい
この季節になりますとどこからともなくきんもくせいの強い香りが漂ってきます。
この臭いを嗅ぐと「あぁ 秋が深まってきたな」と思います。
春のちんちょうげとはまた別な感慨に耽る事も出来ます。

臭い、音楽、絵等はそれぞれに接すると、頭の中に瞬く間にそれらに関係する色々な思い出が走馬灯のように駆け巡ってくるはとても不思議です。
人それぞれだと思いますが記憶が蘇るのですね。
楽しい思い出、悲しい思い出、辛い思い出、色々な思い出が懐かしく出てきます。
秋深しですね

Posted 13:15|No.317|畑木明雄よりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2007 >>
honne
「つくり手の会」のメンバーです。「本当の家づくり」を本音で語ります。
(2016年2月2日撮影)