No.14に関するスレッドです。

投稿時間:2006/9/27(Wed)15:49
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル:心に残る一言

皆様の「心に残る一言」をお寄せ下さい。
武道に関係の無いものでも何でも結構です。

色々と拝読し、少しでも己の見識を豊かにしたいと存じます。


投稿時間:2006/9/28(Thu)08:15
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 先ずは一番手

「己こそ己の寄る辺 己をおきて誰に寄る辺ぞ よく調えし己にこそ まこ
と得難き寄る辺をぞ得ん」

ゴータマ(釈尊)の教えですが、武道に携わる者としては至言のいたりか
と・・・。
苦労して身に付けた技を振るう時に、この言葉が思い返されます。


投稿時間:2006/9/28(Thu)22:50
投稿者名:テル
Eメール:
URL :
タイトル: 集めてみました・

・人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。
byリチャード・M・ニクソン
・この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。
by武者小路実篤
・道を知っていることと実際に歩くことは違う。
by『マトリックス』
・Don't think,feel.(考えるな、感じろ)
by『燃えよドラゴン』
・小さな結婚指輪に大きな苦痛が宿る。
by『ミセスパーカー』
・酒は肝臓に悪い。腎臓に悪い。しかし、心には?……そうさ、酒は「心の
特効薬」なんだ!
by映画『失われた週末』
・足なんて飾りです!偉い人には、それがわからんのです!
byジオン整備兵






投稿時間:2006/9/29(Fri)17:11
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: みんなで集めよう

早速有難うございます。

「ドン、シンク!フィ〜〜〜ル!!」
燃えたよな〜〜、若かったぁー。

一言でもよし、集めてもよし。
お待ちしております。


投稿時間:2006/9/30(Sat)00:48
投稿者名:瀬印陳
Eメール:
URL :
タイトル: 三番手、行きまーす!

・「善良な人々が善良なのは、失敗を通して知恵を身に付けたからである」
  ウィリアム=サローヤン

・「己の欲せざるところ人に施すことなかれ」
  孔子

・「礼儀はルールでなく模範から学ぶものである」
  ジョン=ロック

・「弱者は決して許すことができない。許しは強者の特性である」 
  マハトマ=ガンジー

・「人格とは勝ち取ったものであり、授かったものではない」
  イホール=グリフィス

・「あなたをより良い人間にしてくれるような人たちと一緒にいなさい」
  英国のことわざ

こんな感じですが、いかがでしょう?
常に心に留めておきたいものです、押忍。


投稿時間:2006/9/30(Sat)14:06
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 言葉とは言霊か

三番手有難うございます。

選ぶ言葉にも、人それぞれの色合いが出ている気が致します。
瀬印陳さんのお人柄に触れさせて頂きました。

インド独立の父として名高い、ガンジーの「許しは強者にのみ与えられた特
権ではなかろうか」は、私にとっても重大なインパクトを与えました。
長年、英国の植民地とされてきたインドの悲哀を感じる言葉でもありまし
た。

非暴力を謳いつつも、力の必要性は痛感していたのでしょう。

「力無き正義は無力なり、正義無き力は暴力なり」ですな。


投稿時間:2006/9/30(Sat)19:07
投稿者名:弐番
Eメール:
URL :http://ameblo.jp/prisoner-no2
タイトル: おいらも

好きな名言は全てマンガで集めてみました。(バカだから)

・「勇気とは恐怖を知ること!」
−ウィル・A・ツェペリ− (ジョジョ)

・「覚悟はいいか?オレはできてる」
−ブローノ・ブチャラティ− (ジョジョ)

・「男の3つの条件がおれたちに無茶をさせているのさ!!
その条件とは……!?
ひとつ 男はイザというときにはやらなければならない!!
ふたつ 今がイザというときである
そしてみっつ おれは……おれたちは男なんだッ」
−不屈闘志− (逆境ナイン)


意外といい台詞ですw


投稿時間:2006/10/4(Wed)00:49
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 漫画によるイメージ

漫画は絵描写によるイメージの伝達方式をとる為、強烈なインパクトを与え
やすい強みがありますね。
これは空手指導にも非常に効果的だと思われます。

作中のセリフもBGMや主題歌なども、印象に残りますものね。
そのセリフのあった情景描写と、感想なども頂けると、イメージが伝わって
きそうな気がします。


投稿時間:2006/10/18(Wed)12:49
投稿者名:狂介
Eメール:
URL :
タイトル: マンテン主義

マンテンは百点満点の“満点”です。しかし、“百点とらなあかん”という意
味ではない。神様からみたら50点、30点かもしれない。他人の目から見た
ら70点かも知れません。けれど、その70点の能力を百パーセントまで出し
切る。能力を限度一杯に活かす。それで明日は71点になるよう今を頑張ろう
やないか。その精一杯の努力が“満点”なんです。


投稿時間:2006/10/19(Thu)14:50
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 精一杯に

狂介さん、ご投稿有難うございます。
先日の酔拳研究会ではお世話になりました。
大変に楽しいひと時でした。

必ずしも完璧とは有り得ないもの。
だからこそ人間は自分の人生道を精一杯に歩いて行く。
その懸命な後ろ姿にこそ人は魅了される。

いいですね「マンテン」!
いつまでも至らぬ自分ですが「マンテン」を目指して生き続けたい。

昔に友人が「完璧主義だからこそ不完全が嫌で物事に臨めない」と言ってい
ました。しかし「努力に憾(うら)み なかりしか」の挑戦する「マンテ
ン」精神こそが大切なのだと痛感しております。

いつも心の内では「マンテン」でありたいなぁ。


投稿時間:2006/10/20(Fri)21:34
投稿者名:剛柔鶴子
Eメール:
URL :
タイトル: 生まれ変わるなら・・・

 私の通うジムには、会員でもある長○剛が書いたビルダーの鬼?の絵が飾
ってあって、その絵の中に書いてある言葉が好きです。曰く「生まれ変わる
なら生きているうち」。
 あ〜、思い通りにならない。生まれ変わったら○×になるのに…と夢想す
るより、この生きている内に思い通りになるよう努力しろ!って、とても厳
しい言葉でもありますが、辛い時や緊張感が無くなった時に思い返して自ら
への励ましにしています。


投稿時間:2006/10/23(Mon)14:59
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 七生

「生まれ変わるなら生きているうちに」とは私に向けられた言葉なのでは?
と思ってしまう毎日を送っております。

絵に描いたような怠け者の私ですが、この言葉を思って今日を限りに生まれ
変わります!!(本当か?自分)

しかし、これもええ格言だわ〜〜、ホント。
昔「生まれ変わったら芸能人でもになりたい」とインタビューに答えていた
政治家がいたが・・・。大丈夫か、日本の未来?
私と合わせて、彼にもこの言葉を送りたいものです。

しかし、空手稽古、研究は七度生まれ変わったとしても足りなさそうだ!
誰か永遠の機械の体を私に下さい。


投稿時間:2006/10/23(Mon)19:05
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 「覚悟のススメ」より

私も弐番君にあやかって読んだ漫画からひとつ。

「負けることは恥ではない!戦わぬことが恥なのだ!」
当時、安易ながら心揺さぶられた一言でした。

如何様にも避け得ぬ必然の戦いを想定し、設計されている我らが空手。
当然のこととして、心に刻んでおります。

しかし、実際に戦いに臨むのは難しいもの。
思わず心が挫けてしまいそうです。

それだけの精神と覚悟を持つには、十分な裏付けとなる稽古量と実力が必要
ですね。
22年空手に携わってきましたが、最近「これだけ稽古したのだから、及ばずして
破れ死するのは仕方あるまい」と開き直りつつあります。
覚悟というにはまだ程遠いです・・・。


投稿時間:2006/10/23(Mon)21:41
投稿者名:弐番
Eメール:
URL :http://ameblo.jp/prisoner-no2
タイトル: 懐かしや、覚悟のススメ

凄く懐かしいですね、覚悟のススメ。今、あの人はシグルイって残酷時代漫画を描
いてますw

さて、もう一つ。

「そうだよ。だから現実にしたいじゃない。本当は綺麗事が一番いいんだもの。」
−五代雄介−(仮面ライダークウガ)

これは、主人公が「暴力を暴力でかえしてはいけない。」と言い、「綺麗事じゃな
いですか!」と反論された時に吐いた台詞です。

武道家として何とも考えさせる台詞でした。


投稿時間:2006/11/9(Thu)15:26
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 陰ながら応援中

弐番君、受験勉強ははかどっていますか。もう暫く辛抱ですので、最後まで
気を抜かずに頑張って下さいね。

理想を現実のものとするのには相当な実力が必要ですが、理想的な現実を求
め続けるのも空手道の一つですね。
簡単なようで、難しいんだな〜。これが!


投稿時間:2007/3/27(Tue)14:07
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 千利休

稽古とは 一より習い十を知り
十よりかへる
もとのその一

「稽古というのは初めて一を習う時と、十まで習い元の一に戻って再び一を
習う時とでは、人の心は全く変わっているものです。
十まで習ったから、これでよいと思った人の進歩はそれで止まってしまい、
その真意をつかむことはできないとの教えです。」だそうです。

思わず溜め息が出てしまいました。


投稿時間:2007/3/28(Wed)23:15
投稿者名:yoshi
Eメール:
URL :
タイトル: 遅ればせながら

柳生宗矩
「こうしようと一筋に思う心こそ人が誰しも抱える病である。
 この病を必ず治そうというこだわりもまた病である。
 自然体でいること それが剣の道にかなう本当にこの病を治すということ
 なのである。」
                   『兵法家伝書』より
 
 ☆ 拳の道にもかなうのでは と、、、


投稿時間:2007/3/29(Thu)11:58
投稿者名: 
Eメール:
URL :
タイトル:  

人生は準備不足の連続だ。手持ちの材料で前へ進む癖をつけておけ。

・・・・・出典は恥ずかしいので伏せさせてください・・・


投稿時間:2007/3/29(Thu)16:37
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 新陰流

yoshiさん、ご投稿有難うございます。

常々、徹底的にこだわっいたいと願います(私の場合は願うだけ・・・)
が、このこだわりが人の性なのですね。

病が本当に治るとは、道が成るということでしょうか?
ならば私なんぞは生涯難儀しそうです。
トホホ・・・。


投稿時間:2007/3/29(Thu)18:53
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 名無しさん

ご投稿有難うございました。

完全主義は動きが取れなくなるものですね。
出来る所から始めるのがポイントでしょうか。

身につまされる話です。


投稿時間:2007/10/2(Tue)16:33
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 不倒不屈

− 学者先生は「不屈」という言葉の意味を知らぬとみえる。
不屈とは折れた事がないという意味ではない!
折れてなお立ちあがる者を言うのだ!! −

とある漫画の空手遣い(超電磁流空手)の台詞からです。
絶望的な状況下で戦友を信じて立ち上がる、愚直なまでの男らしさ。
毎度、屈してばかりの私とはしては、励みになる一言でございます。


投稿時間:2008/9/16(Tue)11:55
投稿者名:管理人
Eメール:ichiyukai@kalate.com
URL :http://www.kalate.com
タイトル: 新垣清先生の著書から

「金的蹴り、貫手、一本拳などは、確かに効果のある技だ。
しかし極論すれば武術の操作を理解しているならば、ビンタ一つ張って相手に勝てる身体操作の高さを術という。」

この理念の高さに身震いがします。
以前は裸拳か防具付きか、徒手空拳か武器を帯びるか、と気になったものでしたが・・・。

首里手の古伝技法を鑑みると、日本刀を用いるはずの新陰流にさえ「無刀の位」があるのも頷けました。


投稿時間:2012/1/11(Wed)12:04
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com
タイトル: 禅宗より

道力の養成において

「肝要なことは、知ることではなく実践して身につけることである」

日々の反復稽古が大切ですね。
理論に走り、頭でっかちになり気味の私ですが、一日一炷香を重んじて稽古
三昧を心掛けたいものです。


投稿時間:2012/6/4(Mon)11:05
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com/
タイトル: 置かれた場所で咲きなさい

― 結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかっ
た」と思うことが、次から次に出てきます。そんな時にも、その状況の中で
「咲く」努力をしてほしいのです。 ―

渡辺和子女史の著書からです。

抗いきれない現状に対して如何に心するか、妙諦観中に活を求めた武の心と
も通じるのではないでしょうか。


投稿時間:2012/6/4(Mon)14:07
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com/
タイトル: 詩人ホラティウス

幸いなるは、今日を我がものと言うる人のみ。
かの人は声安らかに、叫ぶ。

「明日よ、あらん限りの悪をなせ、われ、すでに今日を生きたれば」

果たしは自分は、そう言えるだろうか?
あんな稽古もしておきたかった。
この技も習得しておきたかった。
もっと良い指導をしておきたかった、等など、数え上げればきりが無い。

しかし、その途上にあることを実感できることは幸いであると思う。
何時の日か、未熟を自覚しつつも「今日死んでも満足だ」といえる時が来ることを願う。


投稿時間:2012/10/8(Mon)12:11
投稿者名:火吹達磨
Eメール:
URL :
タイトル: 人生五訓

人生五訓
あせるな
おこるな
いばるな
くさるな
おこたるな

シンプルですね。


投稿時間:2012/10/8(Mon)13:40
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com/
タイトル: Re:人生五訓

シンプルにして深遠ですね。
ある人がネット上で次のように考察していました。

「あれもこれもと欲を出して貪り、望みが達せられないと他人に対する怒り
をぶつける。その怒りを絶対なものとするために、権威に頼み威張るように
なる。威張ったところでなお満足が得られないと、なんで思い通りにならな
いんだとくさる。結局自分を失い自ら為すべきことをおこたるところとなっ
て、みじめな生涯を送ることになるぞ。」

怖いですね〜、恐ろしいですね〜。
私も目指して精進します。
有難うございました。


投稿時間:2012/11/16(Fri)23:21
投稿者名:火吹達磨
Eメール:
URL :
タイトル: 反省。

先日、
人生五訓などこちらに投稿しておきながら、
仕事において
あせり、いらだってしまった。

このような気性では
いかなる道を極めるにも
程遠い。

反省かつ再確認。

押忍


投稿時間:2012/11/17(Sat)17:41
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com/
タイトル: 私も反省の日々

私も、お気持ちがよく分る気がします。
人間、誰しも未完成です。
だからこそ反省する意味があるのでしょうね。

これを糧にして前進目指して参りましょう!


投稿時間:2012/12/5(Wed)17:37
投稿者名:管理人
Eメール:support@kalate.com
URL :http://kalate.com/
タイトル: 必然を知る

生を明らめ、死を明らむるは、武家一大事の因縁なり!

禅語より、もじらせて頂きました。
武術の稽古では絶対不敗の技を求めて、日々に勝敗の行方をシュミレーショ
ンし続けることでもあります。

勝利とは生き残ることであり、敗北とは即ち「死」であることを肝に銘じな
ければなりません。

生とは何か?
死とは何か?
この命題を常に追い求め続ける求道でもありましょう。

武の道とは言い換えてみれば、人間とは何か、命とは何かを知る為の道なの
だと考えます。


おなまえ  Eメール
タイトル  URL
削除キー